猫と犬と

小さくて元気いっぱいのお客様

4年間も音信普通だった後輩が今日いきなり電話をかけてきて、「今から行くからね、じゃぁね。」と言って、これまたいきなりやってきました(いつもいつも何年経ってもこういうヤツです)。
私への年賀状をこれから書こうと思ったら(え?マジで今から?)、電話した方が早いと思い、だったら行っちゃった方が安心でしょう?って事らしいです。(いや、まぁそうだけどー)
高校生だった当時から本当に妹のように可愛く、そして妹のように心配してきた(させられた)彼女、今までにも居場所すらわからなかったり音信普通もしょっちゅうで、その度にものすごく心配させられてきたんだけど、「生まれたよ~」って連絡(下の子が生まれたとの報告)以来、気付けば4年も経過していました。
(私の家に来た事のある人は覚えていますか?冷蔵庫に男の子の赤ちゃんの写真が貼ってあったでしょう?あの子がこの後輩の上の子です。)
その後輩が今日はいきなり(今日の今からってありえなくない?)下の子も連れて遊びに来ました(正しくは、息子らが使わなくなった幼児用のレゴブロックやミニカーと街のセットやらパズルやら・・・をいただきに!)。
初めて会う下の子はもう4歳で、久しぶりに会う上の子は今年の春から1年生だそうで、月日の流れの速さにビックリし、自分の持っている時間の使い方の荒さにもビックリしました。

で、すごいのはお笑いブラザーズと咲妃。
後輩の下の子はまだほとんど赤ちゃんに近い状態のやんちゃっ子で、猫と犬に大喜びし、シッポをつかんだり、上に乗ったり、無理やり抱きかかえたり、レゴブロックをぶつけたり、咲妃のパンツを脱がせようとしたり、(私にカンチョウしたり・・・汗)、まぁ彼の可愛がり方といったらそりゃぁもう威勢がよくて、逆にうちの猫と犬が子供に危害を加えたりしないだろうかと心配になるほど。
でもブラザーズも咲妃もされるがままで、何をされても抵抗もせずにずっと小さい子の相手をしてくれていました(ついでに我が家の人間の息子2人もね)。
ヒヤヒヤさせられっぱなしでしたが、そんな心配はご無用!って具合でした。
あれだけいろいろやられればすぐに子供の手の届かないところに逃げて絶対に降りて来なそうだけれど、ブラザースも咲妃もずっとやられてくれていたんです。
子供たちがおもちゃで遊んでいる間は、香貴も奏貴も咲妃も、ずっとその横でおとなしく寄り添っていました。
不思議ですね。
後輩の下の子はダンナが肩車して、私がリードを持って、一緒に咲妃の散歩にも行きました。
夕方にはブラザーズは疲れて冷蔵庫の上で寝てしまって、彼のターゲットは咲妃だけになっちゃいました。
午後から遊びに来て夜の10時ごろまでいましたから、その間ずっと咲妃は我慢していました。
しーちゃんにのいる和室とキキ&蓮貴を入れておいた寝室には行かせなくて(入っちゃダメよって厳しく禁止)正解でしたね、このお三方には絶対に耐えられますまい。

微笑ましいシーンもたくさんあったんだけど(咲妃を抱きしめていたり、香貴にチューしてたり、奏貴を撫でていたり・・・)、写真!って思ったのはだいぶ経ってからでした。。。
いつもながらホント、スミマセン。

↓はシッポをつかまれる咲妃
a0101700_23485442.jpg


↓はサスペンダーを引っ張ってペシッとされる咲妃
a0101700_23492490.jpg


↓はチビッコカメラマンのモデルを勤める咲妃(古いカメラを貸してあげました)
a0101700_23495062.jpg


↓は咲妃のケージを占領するやんちゃ兄弟
a0101700_23503626.jpg



香貴、奏貴、咲妃、お疲れさん。
今日は本当にありがとうね。
かーちゃん、今日の君たちにとーっても感謝!
[PR]
by kotokoto_kotoko | 2008-01-14 23:54 | リビング通信
<< おもしろブラザーズ そ、そんな・・・ >>



彼らの世界はきっと、人間界のような愚かな世界とは違うのでしょう。彼らは人間にひどく傷つけられても、それでも尚人間を愛してくれるのです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31