猫と犬と

昨日の事

イブの元の飼い主さんに電話して、譲渡が決まったことをご報告。
泣いて喜んでくれましたよ。
よかった、諦めなくて。
そして命の灯を消してはいけない事、心で感じてくれたら私の苦労も報われます。
お届けが済んだらイブがこれまで使っていた首輪とリードと鑑札をお返しします。
(鑑札は再発行手数料を支払って買い取りました)
おせっかいだけど、どうか忘れないであげてください。
センターで処分しようと思う飼い主を減らしたいです。

それからダンナに報告。
まったくね、ヘンなダンナ。
イブがうちに来た時、「オレは知らないからな!」と言っていたのに、号泣。
(いつもの台詞なのよね。オレには一切関係ないって必ず言います)
「メシを食う気分じゃない。パチンコ行ってくる!」と出かけてしまいました。
帰ってきてからも玄関でイブを抱いて(イブは無邪気にはしゃいでて)泣いていました。
「新しい飼い主が素敵な家族って、気にらねぇ」「なんでオレに断りも無く決めたんだ。。」と、イブに注いできた愛情を涙というカタチで溢れさせていました。
ダンナよ、いつも保護猫や犬の事で迷惑かけているけど、イブの事では本当にいろいろありがとう。
あんたがいなかったらイブの男性恐怖症は治せなかったかもね。
今回は心から感謝する!
今朝もダンナは、行っちゃうのか・・・って寂しそうに、時間ギリギリまでイブの散歩してました。



夕方咲妃のフィラリア検査のため病院へ。
去年+++だったミクロフィラリア(幼虫)はゼロ!
抗体(親虫)は++でした。
去年よりうんと善くなっていて、先生ね、kotokoさんちに貰われなかったら今頃死んでいてもおかしくないだけの感染だったんだよ、って。
まだまだ親虫の駆除があるけれど、上向きで改善されたからね、って。
すごく嬉しかったです。
イブの事を先生にお話してまたウルウルしていたのに、今度は咲妃のことでウルウルでした。
だって、去年の出会いの頃は体重は15kgしかなくてさ、栄養失調でガリガリに痩せてて、貧血で、生きる気力の無い表情だったんだんですもの。
恒例の体重測定で、また増えた・・・
体重管理用のフードを更に規定量より減らしておやつ禁止と言われちゃいました。
あちゃ・・・
体重を増やしてしまう事は、虫が入っている心臓に負担がかかるので厳禁です。
かーちゃん頑張る。



行っちゃうの?って香貴版?
リビングのドアを開けられるこうちゃん、またまたイブの前に出てきてお鼻の挨拶。
香貴のアホぶりはよく分かっているんだけど、イブちゃん、猫はいいの?
私はイブに香貴がやられたらどうしよう・・・って焦ったのに。
香貴は何度リビングに戻しても勝手に開けてでてくるんです。
犬と猫との間にも、何か通じるものがあるのかもしれません。
香貴がお祝いの言葉を言いに行った様に見えて仕方ありませんでした。



朝から晩までいろいろあった一日でした。
大忙しの一日でした。
充実しすぎの一日でした。



[PR]
by kotokoto_kotoko | 2008-05-26 22:36 | リビング通信
<< きゃぁ~ステキ! いろいろと >>



彼らの世界はきっと、人間界のような愚かな世界とは違うのでしょう。彼らは人間にひどく傷つけられても、それでも尚人間を愛してくれるのです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
ページ移動

虹色リボン



(別窓表示)
いつでも里親募集中


その他のジャンル