猫と犬と

卒業生

ふと振り返って懐かしむ、卒業生たち。
昨年度上期(9月末まで)分までのお預かりの子です。

↓ちびすけ(蚤取り首輪が着いていた事から殺処分を免れたセンター収容の猫、私の預かり第1号です)
a0101700_753994.jpg


↓ミルク(咲妃と一緒に雑木林から救出された咲妃の子供♂)
a0101700_7534589.jpg


↓クマ(咲妃と一緒に雑木林から救出された咲妃の子供♂)
a0101700_7542998.jpg


↓ライン(咲妃と一緒に雑木林から救出された咲妃の子供♂)
a0101700_842310.jpg


↓ムック(咲妃と一緒に雑木林から救出された咲妃の子供♀)
a0101700_84419.jpg


↓ブーツ(咲妃と一緒に雑木林から救出された咲妃の子供♂)
a0101700_845989.jpg


↓マック(咲妃と一緒に雑木林から救出された咲妃の子供♂)
a0101700_852218.jpg


↓姫&CJ(乳飲み子で病院に捨てられてセンターを経由せずにセンターからお預かりした子)
a0101700_892693.jpg


↓キララ(息子の通う中学校に迷い込んでいた子)
a0101700_89555.jpg


↓チャトラン(我が家の庭で捕獲保護した子)
a0101700_8102876.jpg


↓ママ(チャトランのママ)
a0101700_8104664.jpg



去年の私はまだ保護活動を始めたばかりで、分からない事ばかりでした。
幸せに繋がっていく数がそのまま私の原動力&支えの数となり、急スピードで私は保護へと向かっていきました。
だから私はまだベテランではありません。
日々が試行錯誤で、日々勉強で、けれど日々少しでも成長していきたいと思いながら、ようやくここまできました。
だからこの子たちには心の底から感謝なんです。
かーちゃんに出会ってくれてありがとー!なんです。
さぁ、明日も頑張りましょう♪



[PR]
by kotokoto_kotoko | 2008-09-26 23:46 | リビング通信
<< ラブラブです 熊の相撲 >>



彼らの世界はきっと、人間界のような愚かな世界とは違うのでしょう。彼らは人間にひどく傷つけられても、それでも尚人間を愛してくれるのです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31