猫と犬と

カテゴリ:リビング通信( 188 )

焦げるゾ

はーちゃんは、ほぼ一日中ここにいます。
a0101700_11175441.jpg
a0101700_11182494.jpg
熱くないんでしょうか?
咲妃といい、はずといい、うちの白黒はファンヒーターの前が大好きなようです。
ちなみに、現在2階で引きこもり中のキキも香貴も奏貴も、ファンヒーターに張り付くことはありません。
私は咲妃とはーちゃんと同じく、ファンヒーターに張り付いているのが好き♪
コタツも大好き♪(←咲妃がコタツのコードをかじったため、現在はコタツ無し生活)



[PR]
by kotokoto_kotoko | 2009-01-30 23:13 | リビング通信

香貴のゲンコツ

ちょぉーっとバタバタしていて、こういった忙しさはなんとなく疲れます。
そんな時に香貴を見ると、ホッとするというか、どーでもよくなるというか。。
アイツ、いっつもゲンコツ食べてます。
香貴のゲンコツはそんなに美味しいんでしょうか?
食後は汲んである水で手(前足)を洗って、その手をゲンコツにして丁寧にアグアグしてます。
他の猫はそんなにゲンコツをアグアグしてたりしないので、香貴はもしかしてキレイ好き?
a0101700_8445276.jpg
(1/9の写真)だけど酸っぱそうな顔もしているから、臭いのかも。

香貴も悩んだり疲れたりするんでしょうか?
いつもマイペースで面白い猫。
どことなく憎めない、個性的な猫。
そこに存在している姿だけで周囲をホッとさせる事ができるんだから、香貴はすごいですね。
香貴の爪の垢を煎じて飲んでみようかしら。
あ、臭いのかも、、、でしたww



[PR]
by kotokoto_kotoko | 2009-01-27 23:35 | リビング通信

困った時の咲妃頼み

私が落ち込んでいる時、寂しい時、なんか元気が出ない時、疲れている時、そんな時に私の都合によって「抱きぐるみ」に変身してくれるのが咲妃んこちゃん。
咲妃を抱きぐるみにしたい時、「え~またぁ~・・・」ってめんどくさそうにトボトボと歩いてきます。
だよなぁ~。。。
寝ているのを起こされて、無理やりおとなしく抱かれてろって言われるんだからめんどうですね。
でも、ちゃんと抱きぐるみになってくれます。
私の気分が分かるんでしょうか?


↓私の両足に挟まれている咲妃んこちゃん。(携帯で撮影)
a0101700_10552317.jpg
a0101700_10555044.jpg

咲妃んちょちゃん、来るときはめんどくさそうだけど、いじられれば案外喜んでますよ。
じゃぁーお互いに持ちつ持たれつって事で。



[PR]
by kotokoto_kotoko | 2009-01-23 23:48 | リビング通信

頑固

咲妃さん、いい子に見えてそうでも無かったりします。
夕方の散歩に出かける時、さぁ行こう!と玄関を出たところでちゃんと着けたつもりのリードが外れてしまったんです。
すると咲妃さん、一瞬ニッコっとして「やったぁ~♪」ってな顔をして、くるりと向きを変えてひとりで行ってしまったんです。
夕方5時を過ぎると薄暗いし、咲妃は黒いので見つけづらいので追うのをやめました。
それでどうしたかと言うと、車の鍵を持ってきてドアを開け、「サキぃ~戻っておいでぇ~車だよぉ~」と呼んだんです。
咲妃はドライブが大好き☆
すぐすっ飛んで戻ってきてさっさと車に乗り込んで車内で伏せてしまいました。
咲妃さん、お出かけ準備「OK!」ってなお顔です。
伏せている咲妃を立たせてリードを着け、車から降ろそうと思ったら降りません。
散歩に行こうね、って言っても降りません。
引っ張ってもおやつで呼んでも降りません。
なんて頑固!

でも嘘はいけませんね。
仕方ないので「散歩の後に買い物」の予定を変更し、そのまま買い物に出かけることにしました。
とはいってもいつも朝の散歩に行くスーパーですからすぐそこです。
スーパーの駐車場で一度ちょっとだけ降ろしてすぐに乗せて、咲妃は車内で待たせて買い物を済ませました。
スーパーから車に戻ると咲妃は「あたしも降りる♪」って顔してましたけど、「違うよ、家に帰るんだよ。」とそのまま家に。
当然咲妃は不機嫌です。
騙された!って抗議の表情です。
買い物した荷物を降ろして、さぁ咲妃ちゃん降りて、って言っても降りません。
散歩に行こうって誘っても降りません。
おやつで釣っても釣れません。
仕方ないので「じゃぁ好きなだけ乗ってなさい!」ってドアを閉めて、太郎のことを済ませ、猫のことを済ませ、、、「咲妃ちゃん、散歩にいこうよ♪」と声を掛けたのですが、頑として降りようとしません。
「嫌だ、ドライブ行くって決めたんだから!」って調子です。
もうさ、夕方はそうでなくても忙しいんだからいい加減にしてよ!です。
なのでドアを閉め、ほっとくことにしました。
しばらくしてダンナが帰ってきたので事情を説明し、咲妃を頼みました。
咲妃んこ、助手席で出発を待っていたようです。
本物の頑固者です。



[PR]
by kotokoto_kotoko | 2009-01-14 23:55 | リビング通信

気分転換

気分転換も兼ねて、咲妃を連れて実家へ行きました。
私がいろいろ作業をしている間は、母が咲妃を連れて家の周りをウロウロしてくれました。

↓実家の玄関前で。
a0101700_0533127.jpg
咲妃は「田舎は空気も美味しいわ。」と言っています(多分)。
実家が田舎って言っても、家からたった7km程度しか離れていないんですけどね。
たくさん野菜をもらったので、咲妃と太郎にもサラダを作ってあげましょうね。



こちら、ダンナの左腕に抱かれて幸せそうなしー様(夕べ携帯電話で撮影)。
a0101700_054128.jpg
ラブラブですねぇ。
だけどしー様、布団の入り口付近(枕元)での「ハックション」はできればご遠慮願いたいです。
ちょうどダンナと会話していて私の口が開いていた時だったので、しー様の「ハックション」と共に飛び出たブツが私の口の中へ飛び込んできました。
最悪です。



[PR]
by kotokoto_kotoko | 2009-01-13 23:52 | リビング通信

寒がりでうるさいいびきをかいて、寝言を言う犬

犬っていびきをかいたり寝言をいったりするんですよね。
咲妃のいびきはほんとうるさいです。
一緒に寝ているとかなり安眠妨害です。
時々ピクっと体をゆすって寝言を言うので、初めて見た時には病気かと思って慌てたのを覚えていますが、安心して寝ている証拠なんですね。
今日も何やらおしゃべりしながら寝ていました。
a0101700_0413851.jpg
a0101700_0415344.jpg
幸せそうなその寝顔を見ていると、こっちが幸せな気分になりますね。
だけど咲妃さん、半目です。


それから咲妃さん、寒い朝の散歩もこんなに元気に楽しそうですが、
a0101700_0424050.jpg

帰宅すると
a0101700_0431930.jpg
この位置を陣取ります。
寒がりです。
犬としてどうなの?



[PR]
by kotokoto_kotoko | 2009-01-11 23:38 | リビング通信

事件!

秋口からずっと寝室のベットではなくPC部屋に布団を敷いて寝ていたのですが、暮れにやっと布団を干したりカバーをかけたりする事ができて大晦日から寝室に戻りました。
床に布団を敷いて寝るのはドアの下の隙間から入り込む冷たい空気をまともに受けて寒かったし、自分のベットはやっぱり寝心地最高です。
なにより、久しぶりにキキを抱いて寝る事ができて、チョォ~幸せ。
キキは大人になれない赤ちゃん猫だから(猛獣だけど甘えん坊)、私がベットに入るのをドアの向こう側に座ってずっと待っていてくれて、抱っこして布団に入れたら全身の力が抜けてぐでんぐでんの甘えっぷりです。
ゴロゴロいいながら私に抱かれ、私が布団に入っていれば私が寝坊してもいつまででもそばで寝ています。
数か月の間一緒に寝られなかったから、私もキキもそんな幸せな時間を楽しんでいました。

が、朝事件が起きました。
寝室にはしー様とキキが隔離されていて、当然トイレやらフードボールやら飲み水やらもあるわけで、朝寝室内のトイレ掃除や水の交換などをしていて、すぐに部屋に戻るつもりでドアをきちんと閉めるのを怠っていたんです。
下へ水を汲みに行って戻るまでの間に、開いていたドアから香貴と奏貴が侵入して大乱闘が起こりました。
しー様はあちらこちら蹴散らかして大騒ぎで、キキは布団の上でおしっこを撒き散らしながら大暴れ。
朝から羽毛布団を洗面所へ持って行っておしこ部分をつまみ洗いしたり、大物洗たくをしたり大仕事でした。
けれど一日忙しく動いていて布団を干せず、大物乾かしにコインランドリーへ行くこともできず、今夜はまたPC部屋へ戻るはめに。

ったく!
私はふたりを怒りましたよ!
「あんたたちはどーしてキキとしーちゃんをいじめるんだよっ!保護部屋の猫たちがたった6畳の狭いところで10頭近くもいてあんなに仲良しなのに、お前達はこれだけ自由があってたった5頭でなぜ仲良くできないんだ!保護部屋でこんないじめや喧嘩は起こった事がないんだぞ!保護部屋の猫にできてなんでお前たちにできない!!保護部屋に放り込んでやるから少し反省してもまれてきなさい!!!」ってね。



↓犯にゃんコンビ
a0101700_0243944.jpg
a0101700_0254055.jpg

奏貴は関係ない顔して寝ているし、香貴は挑戦的?
もちろん保護部屋の子がかわいそうなので香貴も奏貴も放り込んだりしませんでしたが、キキはこれから死ぬまでずっと2階で隔離なのかと思うととてもかわいそうで切ないです。
だってキキは1番最初に我が家にやってきた猫ですから。
ちなみにはーちゃんを2階の寝室に入れてもなにも問題は起こりません。
咲妃でも問題は起こりません。
何が原因なのか、ほんと疑問だらけです。
これはまたアニマルコミュニケーションのお世話にならないといけないかな。

↓香貴の写真はたくさん撮れたのでついでにお披露目。
a0101700_029216.jpg
a0101700_0294297.jpg
a0101700_0302564.jpg
a0101700_0305093.jpg
a0101700_0311427.jpg
そのゲンコツは酸っぱいのか?


そういえば、というか話はガラリと変わるのですが、今週はダンナが夜勤で夜は私が一人なんですね。
すると左腕にキキを抱いて右側にしー様を入れて寝るのですが、しー様ったらですよ、私がキキを抱いて布団に入ってしばらく経ってから枕元に来て「入れて」と言ってきたんで布団をめくったんですよね。
するとしー様は中を覗き込んでなかなか中に入らず、ダンナの枕の上に座って私のおでこに自分の鼻をくっつけてクンクンした後、何故か私、またもや額にパンチを2発もらったのでした。
にゃんで?
ダンナがいない事に対する抗議?(←しー様はダンナが大好き)
謎です。



[PR]
by kotokoto_kotoko | 2009-01-09 23:18 | リビング通信

黒毛和牛

ニュースで黒毛和牛の事をやっていたのを見て、この牛、どっかで見たことあるようなないような・・・と思ったら、我が家にもいました!
↓我が家の黒毛和牛です。
a0101700_0212298.jpg

太郎の体重を計ったので咲妃も計ってみたら、17kg台まで落とさなくてはいけなかったはずが(その時18.5kgでした)19kgに!
どうりで牛に見えるわけですね。

↓咲妃が「見てないで撫でてよ!」と訴えているところ
a0101700_0221388.jpg
a0101700_0223271.jpg



咲妃は心臓にフィラリアの成虫が多数入っているため(昨年春の抗体検査2+)心臓に負担をかけないためにも体重管理が必要で、けれど激しい運動は心臓に負担がかかるために制限されているので食べる物での管理が重要です。
イヴがいたときにも体重が増えてしまったのですが、今も太郎の存在が咲妃の食べたい意識(急いでたくさん食べないと太郎にとられちゃうと思うから)を後押ししているようです。
レディーだもの、プチメタボと呼ばれないようにしなくっちゃね。
ダイエットするわよ~



[PR]
by kotokoto_kotoko | 2009-01-08 23:18 | リビング通信

猫ってさー

新聞を広げると必ずその上に乗ってくる!
本当に心底邪魔だと思う瞬間。
愛おしさから「イラっと感」に変化する瞬間。
a0101700_315243.jpg
a0101700_3165337.jpg

私がテレビ番組のチェックをするなんて、というより見たい番組を見るということ自体ちょぉ~久し振りなんです。
私のささやかな楽しみの時間、その楽しみの時間の為にワクワクする気持ちを高める時間、いわば前夜祭的な番組の始まる時間少し前の確認のその時をですよ、こうして邪魔されてですね、私にベッタリなはーちゃんはマジで可愛いですけど、「もぉーいい加減にしてよ!」って言っちゃいまいたわよ!


これはおまけ。
a0101700_3222916.jpg
だーかーらー、猫ってさ、どーしてこう人の服でもなんでも勝手にベットにしてしまうわけ?



[PR]
by kotokoto_kotoko | 2009-01-05 23:06 | リビング通信

しー様の言い分

年末まで私達夫婦は寝室のベットではなくPC部屋に布団を敷いて、そこに私が咲妃を腕枕状態で大人二人と大きな犬1頭で身を寄せ合って寝ていたのですが、やっと大晦日の夜から寝室のベットに戻りました。
さすがにその寝方では体の疲れも取れず、床に寝るとドアの下から入ってくる冷たい空気が寒くて限界でした。
そもそも寝室を出たのは夏頃だったかな?
しー様が夜中になにやらブツブツ(猫はブツブツではないかも)独り言を言いながら部屋を徘徊するのが安眠妨害だったからで、寒くなっても寝室に戻れなかったのは私がベットの冬の布団を干したりカバーを付けたりベットシーツをかけたりなどをしている時間が取れなかったからなんですよね。
久しぶり寝室のベット二戻ってキキを抱いて寝れる幸せを噛みしめていたのですが、相変わらず安眠妨害なしー様。
でもしー様はダンナが大好きなので、私の安眠を妨害することはほとんどありません。
でも、昨夜のこと。
ダンナが夜中までテレビを見ていて私が先に一人でベットに入った直後。
いつも通りキキを左腕に抱いて、いつも通りしー様が私の右側(通常だと私と旦那の間)に入ってきたわけですが、が、が、何故か私、布団を覗き込んだしー様にパンチ食らいました。
しー様の言い分では、「ふにゃーにゃーにゃっにゃぁぁーー」だそうで、直訳すると「大好きなおとーちゃんがいないじゃないのよ!なんでアンタだけなのさ!」って事らしいですよ。
しかしまぁおでこに食らう爪の出たネコパンチは効きますよ!
涙出ますから、マジで。
しー様が猫じゃなかったら、ダンナをのしまで付けて譲ってあげるのにぃ===ww



[PR]
by kotokoto_kotoko | 2009-01-03 23:08 | リビング通信



彼らの世界はきっと、人間界のような愚かな世界とは違うのでしょう。彼らは人間にひどく傷つけられても、それでも尚人間を愛してくれるのです。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31